読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kanahiroの今日は何の日

今日は何の日的なものを書いていきます。

8月15日は「刺身の日」

8月15日は「刺身の日」だそうです。(^_^.)

 

1448(文安5)年、刺身が初めて文書に登場したらしく、室町時代後期の書記官・中原康冨の文安5年のこの日の日記に「鯛なら鯛とわかるやうにその魚のひれを刺しておくので刺し身、つまり「さしみなます」の名の起り」とあり、これが初めて文書に登場する刺身に関する記録とされています。

 

んー刺身自他はもっと昔からありそうですが、正式に記録があるのはこの時代なんでしょうね。

 

「刺身」の由来は、魚が切り身の状態だと何の魚か分からないため魚のヒレを一緒に刺して一目で分かるよう工夫され、それが風習となった時に「刺身」という名が誕生したそうです。

 

ところで、お刺身を頼んだとき、一緒に付いてくる菊の花。 実は食べられし、むしろ食べた方がいいのをご存知でしょうか?

 

刺身の菊の花は、実は殺菌のために入っていたので、菊の花の成分が、体の毒物を分解するグルタチオンという酵素を増やす作用があり、食中毒対策として添えられているのそうです。