kanahiroの今日は何の日

今日は何の日的なものを書いていきます。

7月26日は「幽霊の日」

さて、7月26日は「幽霊の日」だそうです。

 

1825(文政8)年のこの日、江戸の中村座で四世鶴屋南北作『東海道四谷怪談』が初演されたとのことです。

 

いわゆる「四谷怪談」ですが、皆さんは一度は聞いたことがあると思います。

 

よく言われるのは、夫民谷伊右衛門に毒殺された四谷左門の娘お岩の復讐話で、不義密通をはたらいた男女が殺され、戸板に縛られ神田川に流されたという実在の事件をヒントに四世・鶴屋南北が作った話です。

 

あんまりいい話ではないで話ではないですが(´・ω・`)平成25年7月に中村染五郎さんと尾上菊之助さんらが歌舞伎座にて「東海道四谷怪談」を単独で上演され、様々なトリックを使い観客を魅了したそうです。

 

あらすじ的には、典型的な色悪こと民谷伊右衛門が、私欲に迷って内縁関係にあったお岩に対し、伊藤喜兵衛らと共に非道な仕打ちをし、多く人々を恨みながら亡くなります。

 

そして、伊右衛門はお岩の亡骸を川へ流してしまいます。しかし、身勝手極まりない伊右衛門らに対するお岩の怨念は凄まじく、幽霊となって伊右衛門や彼に関わる人々を苦しめ、追いつめてゆくのです。

 

四谷怪談では、毒薬によって醜い顔となってしまったお岩が下座音楽の「独吟」の流れる中、髪を梳くシーンは、お岩の悲しみと恨みを表現であり、「髪梳き」と呼ばれ、髪を梳くたびに抜け落ちる壮絶な場面となっています。

 

日本の怪談は独特な怖さがあり、現代の「リング」の貞子にも通じていくのかな?なんて思ってます。