kanahiroの今日は何の日

今日は何の日的なものを書いていきます。

東国原氏!止まらない鳥越氏への批判!

東国原英夫氏による鳥越俊太郎氏への批判が止まらないようです。

 

ツイッターに猛批判しているらしいですが、そもそも遺恨の線も見え隠れしているようで、鳥越氏から「貴方は宮崎で終わった」と暴言を吐れ、「言われた側は忘れないものだ」と怒っていたそうです。

 

しかも、女性問題に対しても、「僕が聞いている女性スキャンダルは、今回の『文春』の記事とは違う内容である」と話しています。

 

さらに、街頭演説の少なさ、しゃべるのが下手、など個人的な感情に基ずく批判のように感じますよね。

 

またさらに、19日には「30秒の街頭演説なんて、有権者を馬鹿にし過ぎ。最初からするな」、「何回も選挙カー周りをさせ、街頭や桃太郎をさせてみればいい。ヨロヨロなのが証明できる」と投稿するなど鳥越氏批判を繰り返しているようです。

 

本人自身中立を訴えていますが、これほど鳥越氏批判が続くと、私怨ととられても仕方ないですよね。まあ、ほんとのことであればいいのですが、私怨で選挙の足を引っ張ると東国原氏自身にもマイナスイメージではないでしょうか?