読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kanahiroの今日は何の日

今日は何の日的なものを書いていきます。

2月12日は「レトルトカレーの日」~ボンカレーの名前の由来は?~

f:id:kanahiro9-22_22-8-8:20170211222937j:plain

2月12日は「レトルトカレーの日」です。(^_^.)大塚食品が制定したようです。

 

1968(昭和43)年のこの日、日本初のレトルト食品である「ボンカレー」が発売されました。

 

う~ん。ボンカレーって今は当たり前のように食べていますが、当時としてはおそらく画期的な商品だったのでしょうね~。温めれば食べられるのですから・・・・。

 

www.otsukafoods.co.jp

 

 

目次

 

★「ボンカレー」の名前の由来は?

 

そういえば「ボンカレー」の「ボン」ってなんですかね?私が小さい頃は「おいしさが爆発するからだよ」なんてデマ情報をつかまされましたが、どうやら違うようです。

 

「ボン」はフランス語で「美味しい」という意味だそうで、日本語で直訳すると「おいしいカレー」ということになりますね。

 

ちなみに「ククレカレー」の「ククレ」って?と思い調べたら、ククレ=クックレス(cook-less)という事で、「調理の必要がない」という意味だそうです。

 

要するに「ククレカレー」は「調理の必要のないカレー」という意味なんですね~。名前だけならボンカレーの方がおいしく感じますが・・・。

 


★ボンカレー誕生の苦労話

 

今でこそ珍しくないレトルトカレーですが、当時は発売まで色々な苦労があったようです。

 

なにせ缶詰や固形カレーで業界が競争していた時代に「3分間で温めて食べれます」「保存料は使用していません」といったところで信じないでしょう。

 

しかも、値段的にも当時素うどん50〜60円の時代に、ボンカレーは1個80円。「高すぎる」というのが当時の反応だったようです。

 

しかーし!試食会や営業の努力と女優の松山容子さんがボンカレーをもったホーロー看板が功を奏し売り上げが伸びていったようです。

 

あのホーロー看板は田舎に行けばいまだに貼ってありますが・・・。全国に9万5千枚も取り付けられたそうなので当然でしょうか?

 

 

★なに!?黒マッチが売られている??

 

大塚製薬と言えばもちろんボンカレーですが、「ビタミン炭酸 MATCH」も個人的にはとても大好きで、ちょこちょこ飲んでいるのですが、「黒い MATCH」が発売されていたとは・・・知りませんでした。

www.matchnews.com

 ←ぜひぜひ一押しお願いします!(^_^.)
にほんブログ村