読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kanahiroの今日は何の日

今日は何の日的なものを書いていきます。

11月17日は「2016年のボジョレーヌーボーの解禁日」~解禁日は何故あるの?~

f:id:kanahiro9-22_22-8-8:20161116182037j:plain

11月17日は「2016年のボジョレーヌーボーの解禁日」です。(^_^.)

 

んーん。ボジョレーヌーボーの解禁日はなんであるのか・・・?毎年何となくテレビなどで言われてますが、なんであるのかなんてあまり意識してませんでした。

 

なので!今年はちょっと調べてみました。

 

目次

 

★ボジョレーヌーボーとは?

 

フランス・ブルゴーニュ地方の南にあるボジョレーという地区でその年に収穫された「ガメイ種」というぶどうを使って造られたワインを「ボジョレーヌーボー」と呼ぶそうです。(^_^.)

 

 

もともとは、ぶどうの収穫に感謝し、それを祝うと共にその年のぶどうの作柄を確かめる為に作られたと言われているそうです。

 

 

ちなみに収穫されてから40~50日で作ったものを「ヌーボー」と呼ぶそうです。

 

 

★ガメイ種って?

 

ぶどうの品種のことだそうです。果実味たっぷりで渋過ぎず、甘いラズベリーや野イチゴの香りがする品種のようです。なんかおいしそうですね。

 

 

★ボジョレーヌーボーはどこから広まったの?

 

収穫したばかりの「ガメイ種」と呼ばれるワインは1800年代からボージョレ周辺の地元住民を中心に楽しまれていましたそうです。

 

 

いわゆる「地酒」ですが、1967年フランス政府によって公式に11月15日を解禁日として発売することが認められ、その契機にパリのレストランを中心に大ブームとなったみたいですね。

 

 

そのブームは次第に広がり、1970年代には日本にも知られるようになったようです。

 

★ボジョレーヌーボーの解禁日って何であるの?

 

ボジョレーヌーボーの解禁日は、毎年11月の第3木曜日と決められているそうです。

 

 

この日の0時00分になるまで、ボジョレーヌーボーを販売・消費することは、フランスのワイン法で禁止されているそうです。

 

 

もともと解禁日なんてなかったようなのですが、販売者たちは、われ先にとボジョレーヌーボーの販売開始日をどんどん前倒し競争が過熱した結果、ワインの醸造が終わらないうちに販売を始めるお店が出てきました。

 

 

そうなると、ボジョレーヌーボー全体の質が落ちてしまう為、解禁日を設け、その日まではボジョレーヌーボーの販売・消費を禁止することにしたといういきさつがあります。

 

 

★ボジョレーヌーボーのイベント

 

●ネオ屋台村 ボジョレーナイト

 

ネオ屋台村スーパーナイト | ネオ屋台村 | ワークストア・トウキョウドゥ

 

●「秋の収穫祭」~魅惑のボジョレーヌーボー~

love-gift.jp

 

介護求人を見つけよう! ←介護求人をお探しの方はぜひご覧ください

 ←ぜひぜひ一押しお願いします!(^_^.)
にほんブログ村