読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kanahiroの今日は何の日

今日は何の日的なものを書いていきます。

1月19日は「のど自慢の日」~あの鐘を決めるのはあな~た~♪~

f:id:kanahiro9-22_22-8-8:20170118202858j:plain

1月19日は「のど自慢の日」です。(^_^.)1946(昭和21)年のこの日、NHKラジオで「のど自慢素人音楽会」が開始されたそうです。

 

何かとお騒がせなNHKですが、この「のど自慢」は長寿番組ですね。私が物心ついた時からすでに放送されてましたから。

 

予選を勝ち抜いた20組が出演しますが、予選には平均して、250組の応募があり、その倍率は12倍とのことです。なかなか狭き門ですね。

 

目次

 


★誰が鐘の数を決めるの?

 

例のあの鐘ですが、え?鐘を叩く人が勝手に決めるんじゃ・・・。いえいえちがうそうです。

 

実は別室に5人ほどの審査員がいて、その人たちの協議で決めているそうです。へ~そうなんですね。

 

一応大会開催地のNHKの地元局の放送部長や音楽番組担当のチーフディレクターなどが協議して決めるようです。

 

 

★なぜのど自慢では鐘を鳴らすのか?

 

確かに「鐘」じゃなくてもいいのでは?実は鐘を鳴らすのは理由があるようで、番組がはじまった当初は合格の場合は「合格です。」で、不合格の場合は、「結構です。」と言っていたそうです。

 

うーん。不合格と言わないところが配慮されているのかな?と思いますが、ちょっとわかりずらいですね。

 

案の定「結構です。」が「たいへん結構」なんて言っちゃうと、合格と勘違いする人が多発したために、鐘を鳴らして伝えることにしたようです。

 

 

★のど自慢の開催地はどうやって決めるの?

 

実はこの開催地の決定方法は、立候補らしいです。ちょっと意外ですね。

 

NHKの各地方放送局に、市町村から応募があり、そこから会場の収容人数や舞台の広さなどを考慮し、会場を決定しているようです。

 

介護求人を見つけよう! ←介護求人をお探しの方はぜひご覧ください

 ←ぜひぜひ一押しお願いします!(^_^.)
にほんブログ村